すべての人の
笑顔のために
 

当院では、おまたせせずに受診いただけるよう「予約制」にて診察を行っておりますが、お困りな点はお気軽にご相談下さい

当患者さまお一人おひとりにあった治療をご提案するため、特に初診時の医療カウンセリングを重視しております

ご本人およびご家族から現在の状況、および今後のご希望などを充分にお聴きします。また当院の治療方針や治療の内容について詳細をご説明し、最適な治療方針を一緒に考えます。


  1. まず、海風診療所 電話番号 0834−33−0889 までお電話にてお問合せ下さい。
  2. 当院より「初診予約票」が、FAXもしくは郵送にてお送りするか、以下のPDFファイルをダウンロードし、記入の上FAXにて返信いただきましたのち
  3. 海風診療所(受付スタッフ)より、ご連絡をさせていただきます。記載情報の確認と退院日の調整をさせていただきます
  4. 初診の来院時は各種基本検査を実施し、カウンセリングルームにおいて、患者さまご本人だけでなくご家族もご一緒にお話いただけるようにしております。医師・看護師・施術担当者によるカウンセリングにて患者様の現状をお尋ねし、当診療所の治療方針・治療回数・費用などについてご提示し、治療計画を策定したうえで治療に進んでいきます
  5. 当診療所の治療方針においても充分に納得いただきましたら、治療予約をおとりいただき治療を開始します
医療カウンセリングの際には資料としてお手持ちの血液検査結果・レントゲン画像などの検査結果報告データ・お薬手帳などをご持参下さい(詳しくは受付時にご説明いたします)

「初診予約票」・「食事経過表」のダウンロードはこちらから

オーソモレキュラー血液検査

オーソモレキュラー医療は栄養素(適切なサプリメント・点滴・糖質コントロール)を用いて、私たちの身体を構成する60兆個の細胞の働きを向上させ、様々な病気を治療・予防を行う方法です


カルポッド検査

1日を通して自律神経のバランス・体温変動や、運動量のチェック、睡眠状態、重心移動の状況など、生体情報の多くを確認でき、生活習慣改善の指針を立てることに役立ちます


機能性低血糖検査

自機能性低血糖とは、低血糖発作が起こっている状態で、糖質(炭水化物)不足なのではなく、糖質の過剰摂取で起こっていることが多いのです。糖質を摂りすぎると、血糖が急激に上昇するため血糖を下げるホルモンであるインシュリンも大量に分泌されることになります。その反動で低血糖状態に至ることがあり非常に危険です


遅発型アレルギー検査

遅発型アレルギーとは、摂取した食物に対して身体が反応するアレルギー反応のことです。摂取した食物(抗原と呼ばれる)を身体が認識すると、免疫システムがそれらに対して反応します。検査結果から、腸内環境の悪化がどれくらい進行しているか(リーキーガット症候群)の判断にもなります


毛髪ミネラル検査

普段の生活の中で、私達はどれだけの油外金属に触れているでしょうか?ペンキや電池、ビニール製品、タバコの煙、工場からの排水…。目に見えるだけでも数えきれないほどの金属に触れています。毛髪ミネラル検査は、私達の身体がどれくらいのレベルで環境内に存在する様々な有害金属に暴露しているのかを調べる検査として有効です。また、有害金属のみならず、身体に必要なミネラルも数値化されます


副腎疲労検査

「ストレス調整」「ストレスの腺」と言われ、ストレスに対する機能を持ちストレスを打ち消すホルモンを分泌しているのが副腎です。副腎は腎臓の上にあり、ピラミッド型の臓器で、副腎が疲れてくるとこのホルモンが出にくくなり、ストレスに対抗すできなくなりうつ症状が出てきます。これを「副腎疲労症候群」と言います

マイヤーズ・カクテル点滴療法

人間の体の中に存在する栄養素であるビタミンとミネラルを直接血管内に投与し、急速に血中濃度を上昇させることでビタミンやミネラルの薬理学的な効果を期待します

適応疾患: 全身倦怠や疲労 / アスリートの運動能力向上 / アンチエイジング / 急性上気道炎(かぜ) /インフルエンザ / 偏頭痛 / うつ / 気管支喘息 / アレルギー性鼻炎 / 慢性蕁麻疹 / こむら返り /線維筋痛症 / 心不全 / 慢性副鼻腔炎 / 狭心症 / 生理不順 / 甲状腺機能亢進症など 


グルタチオン点滴療法

抗酸化力の強化や体内に蓄積した有害重金属を排出する効果があり、パーキンソン病の治療に有効です。
高容量還元型グルタチオンと各種ビタミン、ミネラルを約30分で点滴注射します。

グルタチオンが、フリーラジカル・スカベンジャー(活性酸素除去剤)として働き、ドーパミン受容体の感受性を高めることにより、パーキンソンの症状の軽減が得られると考えられています。

週に1~2回の点滴で、パーキンソン病による歩行障害や振戦に対して効果があり、その進行を遅らせます。1回の点滴で歩行障害や振戦等が著明に改善した例もあります


高濃度ビタミンC点滴療法について

高濃度のビタミンCはガン細胞にだけ選択的に毒性として働くという作用を利用した点滴で、ガンの治療や再発予防に有効です。

ビタミンC(アスコルビン酸)60g~100gを点滴投与すると、ビタミンCは体内に取り込まれて酸化されていく過程で強力な抗酸化作用を発揮します。

ビタミンCが酸化されると、大量の過酸化水素が発生します。正常な細胞は過酸化水素を中和する能力を備えていますが、ガン細胞には過酸化水素を中和する能力がなく、ガン細胞は死んでしまいます。

高濃度ビタミンCは、正常な細胞は傷つけずに、ガン細胞だけ殺す、副作用のない抗ガン剤となるのです。

しかし、国産のビタミンCには、添加物としてピロ亜硫酸ナトリウムやベンジルアルコールが含まれており、大量には使用できませんので、海風診療所では、米国から購入した添加物フリーのビタミンCを使用しております。

初回は30分かけて、ビタミンCを12.5g点滴注射し、その後はビタミンCの量にあわせて2時間~2時間半かけて点滴注射します。

※この高濃度ビタミンC療法は代替医療です。既に有効な抗ガン剤に代わるものではありません

<治療対象>
ガン(部位・種類は問いません)
・現在有効な治療方法が無い場合
・抗ガン剤・放射線治療が無効である場合
・現在治療中の抗ガン剤に併用し、相乗効果や抗ガン剤の副作用抑制を期待する場合


各種免疫細胞療法について

※免疫細胞療法・樹状細胞ワクチン療法とは、リンパ球などの免疫細胞を体外で培養・活性化し、再び体内に戻す療法です。培養・活性化する細胞の種類により、料金が変わります

患者さまが受けるのは、採血および細胞の注入(30分程度の点滴)で、患者さま自身の細胞を活性化・増殖して用いるため、微熱がみられる以外副作用もほとんど無く、非常に負担の少ない先進的な治療です

<増殖・活性化する細胞の種類>
・アルファベータT細胞療法
・CTL療法
・樹状細胞ワクチン療法